記事の詳細

10月26日【土】9時より放送のこくヌキ王国では

格闘ゲーム初心者講座の後に

カイジでおなじみの心理ゲーム

Eカードをこくヌキでやりまーす!!

カイジ

http://sp.live.nicovideo.jp/gate/lv155498270?frompc

 

Eカードとは!?

2人対戦用カードゲーム

皇帝」(1枚)「市民」(8枚)「奴隷」(1枚)の3種類(計10枚)のカードを使用する。

これらのカードにはジャンケン同様三すくみの関係があり

「皇帝側(「皇帝」1枚,「市民」4枚)」と

「奴隷側(「奴隷」1枚,「市民」4枚)」

に分かれ、時間差で1枚ずつ出し合って勝敗を決める。

 

 

三者の関係については、「皇帝」>「市民」そして「市民」>「奴隷」である。

eカード

「皇帝」は「市民」に勝ち(「皇帝」は「市民」を支配する権限を持っているため)

「市民」は「奴隷」に勝つ

(「市民」は「奴隷」より地位や生活が担保されているため)という意味である。

ここで、「奴隷」と「皇帝」の関係については

「奴隷はどうしようもないクズであり、その執念で皇帝を撃つ」という考え方から

「奴隷」は「皇帝」に勝つ(「奴隷」>「皇帝」)とされている

 

5枚あるカードを1枚ずつ出して行くため理論上は5回戦まであるが

勝ち負けが発生するのは「皇帝」や「奴隷」のカードが出された回のみである関係上

最大で4戦で勝敗が確定しゲームが終了となる。

 

 

  • 4戦目までに「皇帝」vs「市民」が発生した場合・・・皇帝側が1勝を得るが
  • それ以降は市民vs市民のあいこと市民vs奴隷の皇帝側の2勝目しか存在しないため、皇帝側の勝利が確定。
  • 4戦目までに「市民」vs「奴隷」が発生した場合・・・皇帝側が1勝を得るが
  • それ以降は市民vs市民のあいこと皇帝vs市民の皇帝側の2勝目しか存在しないため、皇帝側の勝利が確定。
  • 4戦目までに「皇帝」vs「奴隷」が発生した場合・・・奴隷側が1勝を得るが
  • それ以降は市民vs市民のあいこしか存在しないため、奴隷側の勝利が確定。
  • 4戦目まで「市民」vs「市民」が連続した場合・・・
  • 残る1枚の手札で皇帝vs奴隷が発生することが確実であるため、奴隷側の勝利が確定。

 

通常のジャンケンと異なる最大の特徴は

両者が所持するカードの構成が平等ではないことである。

 

前述した通り

「皇帝側」は「皇帝」カードを1枚と「市民」カードを4枚

「奴隷側」は「奴隷」カードを1枚、「市民」カードを4枚持つ。

最も多い「市民」同士であればあいこになるだけなので

事実上「皇帝」もしくは「奴隷」による1勝で決まる。

3戦ごとに「皇帝側」と「奴隷側」を入れ替えて再スタートし

計12戦を行う。

 

「奴隷側」は、「皇帝側」のたった1枚の「皇帝」に合わせて1枚の「奴隷」を出さなければならないが

「皇帝側」は4/5を占める「市民」のどれかに合わせて「皇帝」を1枚だけ出せれば勝てる上

「市民」を出しているうちに「奴隷側」が読みを誤り

「奴隷」を出して自滅するという勝ちパターンもあるため

「皇帝側」がルール上有利になっている

この格差を埋め合わせるため、「奴隷側」で勝利した場合の報酬は通常の5倍とされている。

 

※ルール

カードを提出する順番は、1、3回目の提出は「皇帝側」が先出し

2、4回目は「奴隷側」が先出しとなる。

カードは1回につき5分以内に伏せた状態で出すが

後出し側は自分がカードを出す前に先出し側の顔色をうかがうことが可能である。

 

また、両者ともカードを出す際は、無作為なカードの選出を行ってはならない。

 

最低一度はカードの表を見てからカードを出さなければ反則となる。

 

これはあくまでEカードは心理戦を主とするゲームで

運で勝敗を決めるものではないからという理由である。

 

こくじんとヌキの心理戦の強いのはどっちだ!!

カイジ2

 

焼き土下座はありませんwww

関連記事

    • 名無しのこくじん
    • 2013年 10月 24日

    罰ゲームあるんですかね??
    めっちゃ楽しみっすwww

    • 匿名
    • 2013年 10月 25日

    格闘ゲーマーなんだから格ゲーカードゲームのYOMIやれば?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こくヌキ王国の動画一覧はこちら!!

こくヌキ王国 動画

アクセスカウンター

  • 1075798総閲覧数:
  • 558481総訪問者数:

2018年2月23日放送予定

【ニコニコミュニティ】こくじんTVの生放送

【ニコニコミュニティ】こくじんTV

カテゴリー

ページ上部へ戻る